鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!

COMMENTS

昔なつかしい、鉄皿のせナポリタンのお店「樹里」
屋号:樹里(じゅり)
カテゴリー:喫茶>コーヒー・紅茶・食事
住所:智頭町智頭1820
アクセス:TOSC智頭店/JR智頭駅 徒歩3分
電話:0858-75-0080
営業時間:9:00~18:30、夜の食事は要予約
定休日:毎週日曜日
席数:カウンターx5席、テーブル×18席
駐車場:6台
クレジットカード:不可


続き▽
| nishida | 11:17 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::智頭町 |
地元食材を使い美味しいケーキを毎日お届けしている「パティスリークレージュ」
屋号:パティスリークレージュ(くれーじゅ)
カテゴリー:喫茶>コーヒー、紅茶、菓子
住所:鳥取市八頭郡智頭町智頭1128-3
アクセス:智頭中学校近く/JR智頭駅 車で4分
電話:0858-75-3452
URL:http://www.claige.com
営業時間:9:00~20:00、喫茶10:00~18:00(オーダーストップ17:30)
定休日:無休、喫茶室のみ、水曜日休業
席数:テーブル×14席
駐車場:9台

続き▽
| nishida | 02:20 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::智頭町 |
鳥取市の“素ラーメン”、姫路市の“駅前そば”。そして智頭町『とっこ処の“素らーめん”』~2
【続き】それは「素らーめん 300円」!
もちろんオーダーした。名物“ホルそば”と“カレー焼うどん大辛”とともに(笑)。

聞くと、飲食店がもっとあった頃には“ラーメン”として(当時は“素”は付かなかった)よく食べられていたという。それが店舗の減少とともに姿を消したらしいのだ。なぜ今ここ「とっこ処」で復活したのか。意外にもそれは姫路市の“駅前そば”だった。
続き▽
| oshio | 18:55 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::智頭町 |
鳥取市の“素ラーメン”、姫路市の“駅前そば”。そして智頭町『とっこ処の“素らーめん”』〜1
鳥取市には、今や全国紙も注目するご当地麺“素ラーメン”がある。一方兵庫県姫路市には同じくご当地麺として有名な“駅そば”が存在する。味の特徴に違いはあるが、どちらも和風ダシで食べるシンプルな“中華麺”として、古くから市民のソウルフードとして今も親しまれている。
しかしその中間に位置する智頭町もまた、素ラーメンが食べられていた、という新事実を偶然入手した。その真相は、そしてそれは現在も食べる事が出来るのか。
続き▽
| oshio | 18:52 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::智頭町 |
ノスタルジーを求めて到達したところ。それは『野原のCAFE ぽすと』
私の地元・三朝町で『竹田御膳』を堪能したあと、車を人形峠に向けて走らせていた。ある情報を入手したからだ。それは現在休業中の、ある意味“幻”のカフェが2日間だけ臨時営業している、とネットで知ったのだ。満開の桜が咲く人形峠を過ぎると国道482号へ。辰巳峠を抜けて鳥取市に入り、智頭町のそのカフェに向かっていった。
続き▽
| oshio | 16:41 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::智頭町 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ