鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!

COMMENTS

鳥取の夏の貴婦人「白いか」を獲る。『白いか漁特別体験取材記』
梅雨も明けた7月の晴天の日、以前よりお願いしていた「白いか漁」に同行させてもらう機会がやってきた。危険を伴うため、一般的には同行はできないのだが、今回は特別に漁協の協力と許可をいただいての漁取材だ。関係者のみなさん、ありがとうございます。そして“漁取材大好き”の自分としては楽しみにしていた日でもあった。
続き▽
| oshio | 17:44 | comments (x) | trackback (x) | トピック::鳥取食探探訪記 |
【食探探訪記】美味しいラーメンと人の温もりがごちそう『一番軒』その2
さて、そうこうしている間に、ラーメンが到着しました。
具はモヤシ、チャーシュー、ネギと実にスタンダード。「余計なものを入れずにシンプルな美味しさを味わって欲しい」という一杯は、なるほどスープもこれぞ牛骨という“透明”スープ。その味も非常にクリアで、これならいつ食べてもペロリといけてしまいそうです。
しかもこれで500円!この手頃なお値段も、こだわりのひとつなんだとか。
「だいたい、夜の2時ぐらいから、次の日の開店(17時)までずっと牛骨を炊いとる。それで、これだけ臭みのないスープになるだが」
これが35年以上続くスッキリスープの秘訣なんですね。ちなみに、それ以外の配合は秘密だそうです。
続き▽
| hoshika | 19:20 | comments (x) | trackback (x) | トピック::鳥取食探探訪記 |
【食探探訪記】美味しいラーメンと人の温もりがごちそう『一番軒』その1
深夜、飲み屋街から少し外れた住宅街の中。黄色い看板が煌々と灯り、赤い暖簾の向こうから、常連と店主の談笑が聞こえてくる…。そんなお店の話を、タクシーの運転手から聞きつけ、早速行ってみることにしました。
場所は米子市角盤町。居酒屋の立ち並ぶ通りをまっすぐ進んでたどり着くと、ちょうど暖簾を出している最中のおかあさんに出会いました。
快く取材の許可をいただき、入店。いかにも“昭和のラーメン屋”といった風情の店内は、始めて来たはずなのに不思議と懐かしさを覚えます。
続き▽
| hoshika | 19:18 | comments (x) | trackback (x) | トピック::鳥取食探探訪記 |
【食探探訪記】食べたらご利益あり!?土日限定“だらず様”のカレー『Cafe D&D』
米子市の「DARAZ CREATE BOX」は、地方FM「DARAZFM」のスタジオや雑貨店などの入る複合施設。
建物は元銀行で、様々な施設を経て、今の姿になったのは約2年前。そのレトロな佇まいは新たな米子の文化発信基地として期待されています。

そんなDCBに昨年新たにオープンしたのがこちらの『Cafe D&D』。
料理をプロデュースする「DANAN スタジアム」、スイーツに使われる白バラアイスなどの「大山乳業」を合わせたみっつの“D”がその名前の由来。

ビジネスマンに人気のワンコインランチに、スイーツやドリンク。DCBで行われるイベントの際にも料理を提供しており、店主自ら講師を務める“手作りパン教室”なども行われるという、一粒で二度も三度も美味しいカフェです。
続き▽
| hoshika | 15:23 | comments (x) | trackback (x) | トピック::鳥取食探探訪記 |
【食探探訪記】“しあわせ”がここにある『カフェ フェリース』
貴方にとっての幸せとはなんでしょうか。
ひと口に幸せと言っても、いろいろとあると思いますが、私にとっての幸せのひとつは、美味しいものを食べること。
一人でももちろんいいのですが、これにさらに親しい人と、落ち着ける空間があればもう、言うことナシです。

そんな“幸せな時間”を過ごせるお店がこちら、『カフェ フェリース』。店名の「feliz」はそのままずばり、スペイン語で「幸せ」。同じ建物にある障害者作業所「フェリース」直営のカフェで、利用者の方もこちらで数名働いているそうです。

続き▽
| hoshika | 17:54 | comments (x) | trackback (x) | トピック::鳥取食探探訪記 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ