鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!


久松山ふもと、緑美しい景観を眺めながらスローにくつろぐ空間『カフェ・ダール ミュゼ』
屋号:カフェ・ダール ミュゼ
   cafe d'art musee (かふぇ・だーる みゅぜ)
カテゴリー:喫茶・カフェ>レストラン、スイーツ、コーヒー
住所:鳥取市東町2-124(鳥取県立博物館内1F)
アクセス:国道53号「鳥取森林管理署」交差点北へ/
     JR鳥取駅 タクシー約10分
電話:0857-20-2520
鳥取県立博物館ホームページ:http://site5.tori-info.co.jp/~museum/
営業時間:9:30~18:00(オーダーストップ17:00)
     予約(4名〜)あれば 〜21:00
定休日:不定休(博物館に準ず)
席数:カウンター6+3席、2席×5、4席×6、10席×1
駐車場:博物館駐車場21台(できるだけ公共機関をご利用ください)
クレジットカード:不可
 
鳥取らしさ>地産地消メニュー
福部/黒らっきょ、賀露港/鯛など、大江ノ郷自然牧場/自然卵、境港/マグロの内蔵など、大山乳業/牛乳、田中農場/米と白ねぎ酢、吉川豚/豚肉、幸屋/有機野菜のお漬け物、野花/梅酒、北条ワイン/ワイン、地酒


食事メニュー
・モーニング、ランチ、カフェタイム(デザート)、ディナー
※取材時のメニューは暫定メニュー。
 9月に大幅な見直しがあるため、詳細は再取材後掲載。

飲み物メニュー
・上に同じ。再取材後掲載。

おすすめメニュー
・薬膳キーマ・カレー 黒らっきょうジャン添え
白米か十六穀米を選べる。ルウを使用せず様々なスパイスからブレンドしたオリジナルカレーで、鶏ガラでダシをとって、クコノミやナツメグ、季節の野菜などが入った薬膳メニュー。福部の新名物“黒らっきょ”ベースの、かなりスパイシーな中にもらっきょの甘味が奥深い、ジャンソースが強烈なアクセントを与える。ここで出されるメニュー全般にいえるが、健康を考えた料理。

・大江ノ郷自然卵のオムライス
大江ノ郷の自然卵を使用。デミグラスか和風が選べる。

・ジャンバラヤ風大人のとろとろオムライス
大江ノ郷の自然卵を使用。トロトロに柔らかい卵が包み込むのは、強烈にスパイシーなライス。刺激が嬉しい大人向けメニュー。


取材後記
・2011年7月8日、鳥取県立博物館内にOPENした博物館カフェ。メニューは全て手作りで、化学調味料を一切不使用。安心安全を提供する。
・店名「cafe d'art musee」とは、フランス語で「アートミュージアムのカフェ」の意。
・ここでしか食べられないオリジナルの開発商品を使用。「食の喜び」を通じて「新しい一歩を進める活力を養って欲しい」というコンセプト。
・オーナーである河崎さんは東京に事務所を構え、レストランプロデューサー、フードコーディネーターほか様々な肩書きを持つ。先日行われた『たき乃蔵 もさエビ新料理試食会』でも活躍したばかり。
・博物館内という事もあり、静かで落ち着いた空間でゆっくり食事が出来る。外のテラスで景色を肌で感じながらの食事も出来る。
・近くには仁風閣や鳥取城跡もあり、きれいな公園が広がる立地。芸術と歴史と散歩と食事が楽しめる。

 

  

【鳥取食探East掲載】
薬膳鳥取牛すじカレー  980円(11:30~14:00の提供)

鳥取牛のすじ肉をじっくり柔らかく煮込んだカレーは、季節の野菜や後入れする牛肉、クコノミやナツメグなどがたっぷり入った、具だくさんの薬膳カレー。
薬味も入ってヘルシーで満腹感が味わえる。ご飯は白米か雑穀米が選べ、白米は田中農場の米を使っている。付け合わせにはビンダルーペーストのスライス玉ねぎが付く。
これがシャリシャリした酸味の利いたもので、口直しにピッタリ、カレーに混ぜてもまた酸味と食感が主張し美味しく食べられる。

そしてもうひとつの主役は、カレーとともに出される自家製辛味調味料「黒らっきょうジャン」。これは大粒らっきょうを丁寧に蒸し焼きし、糖とアミノ酸の変化によって艶やかな黒色になった黒らっきょうをふんだんに使ったジャンソースのこと。辛さはかなりのもの。
カレー自体は辛さを控えてあるので、このジャンソースを入れて辛さを調整するのだが、無神経に入れすぎると、後からじんわりくるスパイスのピリピリした辛さに後悔するほど。ただ旨みも凝縮されているので辛いもの好きにはオススメ。らっきょうのシャリシャリ感も楽しめる。ご飯にのせても食がススム。

※ビンダルーペースト
唐辛子にターメリックやマスタードなど数種類の香辛料を加えたインド料理でよく使われる酸味がある辛いペースト。
※黒らっきょう
生らっきょうに比べ、血液サラサラ成分が2倍、抗酸化力が20倍あるとされる。さらに加熱することにより臭い成分が蒸発し、炭水化物が果糖へ変わって甘味が増すので、らっきょうが苦手な人でも食べやすくなる。




-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]産地直送販売 生食用の天然岩牡蛎(いわがき)。日本海鳥取産の岩ガキは夏に食べます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]鳥取の夏の海の食材を代表する白烏賊(しろいか)。刺身で最高。高級刺身用のイカです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]珍味亀の手。塩ゆででカニとエビの味を混ぜて濃くしたような風味。お酒の肴に最高です。
| oshio | 11:16 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::鳥取市 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ