鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!


出来立て新メニュー“白レバースモーク”が絶品!鮮度と味の『焼き鳥 たるや』
屋号:焼き鳥 たるや 鳥取駅南店
   (やきとり たるや とっとりえきなんてん)
カテゴリー:和食>焼き鳥、日本酒、ビール
住所:鳥取市富安2-25-2(日ノ丸パーキング前)
アクセス:駅前43号「東品治町」交差点を雲山方面へ/JR鳥取駅 徒歩3分
電話:0857-22-4099
営業時間:17:00~23:00(オーダーストップ22:20)
定休日:第2・4火曜
席数:カウンター10席、座敷2人×2
駐車場:1台(日ノ丸パーキング利用2時間無料サービス)
クレジットカード:不可

鳥取らしさ>地産地消メニュー
鳥取県産鳥を使用
 
食事メニュー
・焼き鳥(3本1皿)
 かわ    270円    なんこつ  330円    鳥チーズ    390円
 ずり    270円    もも    330円    鳥うめ     390円
 きも    270円    はつ    390円    鳥めんたい   390円
 手羽(2本) 320円    つくね   390円    ささみ わさび 420円
 ねぎま   330円    豚バラ   390円        うめ  420円
 せせり   330円    鳥にんにく 390円        めんたい420円
・野菜串(3本1皿)
 玉ねぎ   270円    なす(1本)    270円
 ししとう  300円    じゃがバター(1個)300円
 ピーマン  270円
・一品料理
 らっきょう 200円    ほたてバター   300円
 たこわさ  250円    とりゆっけ    350円
 チャンジャ 250円    とりたたき    450円
 塩辛    250円    サラダ      380円
 冷奴    250円    とりしめじスープ 480円
 枝豆    250円    するめのこうじ漬け 250円
 焼き明太  350円(1本)
 ブタみそ串    300円(2本)本数限定
 白レバースモーク 300円 手作り NEW!
 手羽めんたい   380円 手作り(2本)
・ごはんもの
 焼きおにぎり 230円
 お茶漬け   320円
 焼き茶漬け  380円
 鳥丼     480円
 うこっけい玉子かけごはんセット 490円
※その他ホワイトボードメニューあり

飲み物メニュー
・日本酒 日置桜 上撰    一合450円
         純米酒   一合580円
         特醸純米酒 一合700円
     山装ふ 純米ひやおろし 一合660円
     伝承 強力 純米吟醸  一合700円
     山滴る 特別純米生酒  一合660円(夏期限定)
※その他季節に合わせた日本酒別メニューあり
・生酒  1本300ml 950円
・生ビール(中)   450円
・瓶ビール      450円(アサヒ、キリン)
・ノンアルコールビール450円(アサヒ)
・焼酎(ムギ、いも) 450円
・ハイボール     380円
・梅酒        380円
・ワイン 1本300ml 700円(赤・白)
・チューハイ   各種300円
・ソフトドリンク 各種220円

おすすめメニュー
・白レバースモーク  300円(写真)
新鮮な白レバーを、その食感を残すため15〜20分ほど桜チップでスモークしたもの。口に近づけると、ほんのり桜の香りがし、食欲をそそる。中は赤身が残るがしっかり火は通っており、噛むと確かにフレッシュな食感を残す。桜に包まれたレバーの旨味が、次のひと口を催促させる。オーナーはこれに、“日置桜 特醸純米酒”をすすめた。皿には同じく桜スモークされたウズラ卵が付き、黄身の甘さがフワッと引き立つ。

・手羽めんたい  2本 380円
ていねいに骨抜き処理し、中に明太を詰めた、ていねいな下処理がされた逸品。次の来店時に必ず注文されるというリピーターメーカー。

・ささみ めんたい   420円
パサパサ感をイメージしがちなささみだが、鮮度がいいのでピチピチ、中はしっとりしている。店自慢のメニュー。

予算
200円~

取材後記
・兄弟でやっていた本店から1年5ヶ月程前、現在の地に。鮮度と味へのこだわりは変わらない。
・特にレバーに自信があり、今回も新メニューに巡り会えた。レバー嫌いな人、お試しを。また、つくねも大人気メニュー。どれもハズレがない。
・パーキングサービスがあるので、前の日ノ丸パーキングを使用できる。
・季節に合わせた日本酒が置いてある時があるので、それも楽しみのひとつ。
・“焼き茶漬け”“とりしめじスープ”など興味を引かれるメニューも多い。
・オーナー夫婦の優しい人柄を感じつつ、おいしい“とり”をつまんで、一杯どうぞ。

  


【食探20号掲載】
・うこっけい玉子かけごはんセット 490円(白ごはん、漬物、吸物、薬味)
烏骨鶏の高級玉子を焼き鳥のタレでいただく贅沢にして珍味な「玉子かけごはん」は、人気の“シメ”メニュー。大盛りに盛られたホカホカごはんに濃厚な玉子の味がからみ、アッサリしてほのかに甘い店自慢の焼き鳥のタレが全体の味にコクを生む。出されたタレを全部かけ、一気に完食。そのしつこくないコクは、朝食でなく、晩酌の後の夜のシメにピッタリだ。

・白レバースモーク 300円
上記に記述。ずり、ももバージョンも新登場。

〈裏メニュー〉
※表メニューにする予定あり。その時は価格変更があるかもしれない。

・肝の塩(仮称)  270円(予定)
新鮮な肝の串を表面だけ軽く炙り、それをごま油でいただく。濃厚な味がするそれは、今では懐かしい“生レバー”を食べているよう。柔らかい肝は歯を入れなくても口の中でとろける。ごま油の風味が鼻に広がり、より食欲をそそる。これ目当てに足を運ぶ客(自分)も。

・焼き鳥屋のスモーク(仮称) 300円(予定)
鳥モモ生肉を塊にし、塩をまぶして4~5日置く。それを塩を落とさずに桜チップでスモークしたもの。いわゆる生ハムだが、塩辛さを全く感じない。鳥の新鮮な旨味が前面に出たストレートな味がする。何もつけずにほおばりたい。

〈ここが魅力〉
レギュラーな焼き鳥メニューはもちろん、創作メニューにハズレが無い。新鮮だからこそ出来る味をここで楽しむ事が出来る。優しい人柄を感じられるオーナー夫婦との会話も楽しい。独り占めせず、人をつれてきたくなる店だ。




【鳥取食探East掲載】
  ・白レバースモーク 300円
新鮮な白レバーを、その食感を残すため15~20分ほど桜チップでスモークしたもの。口に近づけると、ほんのり桜の香りがし、食欲をそそる。中は赤身が残るがしっかり火は通っており、噛むと確かにフレッシュな食感を残す。桜に包まれたレバーの旨味が、次のひと口を催促させる。オーナーはこれに、“日置桜 特醸純米酒”をすすめた。皿には同じく桜スモークされたウズラ卵が付き、黄身の甘さがフワッと引き立つ。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]産地直送販売 生食用の天然岩牡蛎(いわがき)。日本海鳥取産の岩ガキは夏に食べます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]鳥取の夏の海の食材を代表する白烏賊(しろいか)。刺身で最高。高級刺身用のイカです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]珍味亀の手。塩ゆででカニとエビの味を混ぜて濃くしたような風味。お酒の肴に最高です。
| oshio | 00:15 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::鳥取市 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ