鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!


目の前に広がる日本海。漁師の営む喫茶店で新鮮な魚のランチを楽しむ『喫茶ぎんぱ』
国道9号線沿いにある「魚定食 500円」の看板を目にしたドライバーも多いはず。しかし喫茶店の魚定食と侮るなかれ。コチラで提供される魚は、民宿も営む漁師が経営、新鮮な魚が食べられるのだ。
 
提供される定食は二種類、『魚定食 500円』と『ぎんぱ定食 900円』だ。いずれも日替わりの旬のおかずはボリュームも満点、しかもこの価格で食べられるとあって男女問わずの人気メニューだ。

この日の『ぎんぱ定食』は、もうすぐ旬を迎える“鳥取県の夏の味”白いか刺身とアゴ(トビウオ)の焼き魚をメインにモズク酢や山菜の天ぷら、茶碗蒸しなど全7種のおかずとご飯にみそ汁。モズクや山菜などは自ら獲ってきたもので、白菜など野菜は自家製、まさに採れたての山の幸、海の幸が満載だ。

漁師の店らしく朝6時からの営業で定食は昼11時から提供している。早朝モーニングを食べて用事を済ませ、昼にまた立ち寄り定食をいただく、それも楽しみだ。


屋号:喫茶 ぎんぱ(きっさ ぎんぱ)
住所:鳥取市気高町八束水691
電話:0857-82-0403(※民宿 銀波荘の電話番号)
営業時間:6:00〜16:00頃
定休日:日曜

〈メニュー〉(定食は11:00〜)
・モーニングセット(6:00〜10:00)380円
 ホットコーヒーorホット紅茶orミルク
 +トースト、玉子付
・(日替)魚定食(11:00〜)   500円
・(日替)ぎんぱ定食(11:00〜) 900円(写真)

・トースト    200円  ・コーヒー     350円  ・アイスティー   400円
・ジャムトースト 250円  ・アメリカンコーヒー350円  ・コーラ      400円
・ハムトースト  400円  ・紅茶       350円  ・オレンジジュース 350円
・たまごトースト 400円  ・ミルク      350円  ・レモンスカッシュ 400円
・ハムサンド   450円  ・カフェオーレ   350円  ・メロンソーダ   400円
・たまごサンド  450円  ・ココア      400円  ・イチゴソーダ   400円
・ミックスサンド 450円  ・ホットレモン   350円  ・オレンジソーダ  400円
・ピラフ     500円  ・アイスコーヒー  400円
・オムライス   650円  ・アイスオーレ   400円

   



【鳥取食探East掲載】
・ぎんぱ定食  900円(日替わり)

・民宿も営む漁師が経営し、新鮮な魚定食が安く食べられる喫茶店。漁師の店らしく早朝6時からの営業。国道9号線沿いにあり「魚定食 500円」の看板が目印。目の前に日本海が広がり、眺めも良い。
・提供される定食は二種類、『魚定食 500円』と『ぎんぱ定食 900円』のみ。いずれも日替わりで、旬のおかずはボリュームも満点、しかもこの価格で食べられるとあって人気メニュー。沿線沿いにあるため、仕事の合間にやってくる常連も多い。
・取材日の『ぎんぱ定食』は、“鳥取県の夏の味覚”白いか刺身とアゴ(トビウオ)の焼き魚をメインに、モズク酢や山菜の天ぷら、茶碗蒸しなど全7種のおかずとご飯にみそ汁。モズクや山菜なども店主自ら獲ってきたもので、白菜など野菜は自家製、まさに採れたての山の幸、海の幸が満載の定食。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]産地直送販売 生食用の天然岩牡蛎(いわがき)。日本海鳥取産の岩ガキは夏に食べます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]鳥取の夏の海の食材を代表する白烏賊(しろいか)。刺身で最高。高級刺身用のイカです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]珍味亀の手。塩ゆででカニとエビの味を混ぜて濃くしたような風味。お酒の肴に最高です。
| oshio | 01:25 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::鳥取市 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ