鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!


気取らない、飾らない、思いやりの心が伝わる『小料理 かず味』の“おもてなし”~2
【続き】『かず味』では、旬の食材を使った家庭料理を鉢盛りで提供している。毎日数種類つくる、素材の良さを活かした手料理は、どれも愛情たっぷり。仕事で疲れたカラダを癒す“家庭料理”だ。
 
ここ『かず味』に「定価」はなく、客の状況に合わせて、量を調整したり盛り合せにしたりしている。これは、料理を適量ずつ美味しく食べてもらいたい、という気配りからだ。慣れないと支払いが不安になるかもしれないが、はじめに予算を告げておくとそれに合わせてもらえるので安心だ。心置きなく店主の温かい“おもてなし”と“手料理”を楽しめる。〈oshio〉

屋号:小料理 かず味(こりょうり かずみ)
住所:鳥取市末広温泉318
電話:0857-24-0866
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜、祝日

〈メニュー〉その日のオススメは、ボードに記入される
・和風から揚げ     ・納豆          ・旬の惣菜の鉢盛り
・すじの味噌煮込み   ・もろきゅう、梅きゅう  ・予約により別メニューを用意
・味噌田楽       ・サラダ
・イカリング      ・するめ
・コロッケ       ・めざし
・冷奴         ・お茶漬け
・とろろ奴       ・おにぎり
・とろろ        ・漬物盛り合わせ

  

   



【鳥取食探East掲載】

・らっきょ 300円(参考:特に値段を決めていない)

料理好きの店主が「自分で漬けた」という“らっきょ漬け”。ひとつは一般的な甘酢漬け、もうひとつは“コンブ”と“ニンニク”を一緒に漬けたもので、コンブによって酢のツンッとした酸味が抑えられ、マイルドだが深みのある味となっている。ニンニクもしっかり漬かっていながらも、コリコリ感がとてもあり、芯までシャリシャリとしている食感が印象的。「誰かに食べてもらいたい」と毎年15kgものらっきょを根切りから手がけて漬けている。その味を楽しみにしているファンも多い。









-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]産地直送販売 生食用の天然岩牡蛎(いわがき)。日本海鳥取産の岩ガキは夏に食べます。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]鳥取の夏の海の食材を代表する白烏賊(しろいか)。刺身で最高。高級刺身用のイカです。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]珍味亀の手。塩ゆででカニとエビの味を混ぜて濃くしたような風味。お酒の肴に最高です。
| oshio | 20:40 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::鳥取市 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ