鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!


「鳥取まちぶら ご当地グルメ食べ歩きツアー」レポート (4回目)
みなさん、こんにちくわ! HP「鳥取食探」に寄稿させていただきます、鳥取を食で自慢する市民グループ「鳥取とうふちくわ総研(とー総研)」の所長をしております植田英樹(ウエタヒデキ)です。

さて、13年9月から開催しています鳥取のご当地グルメ&話題の味を食べ歩く「鳥取まちぶら ご当地グルメ食べ歩きツアー」、13年度のラストが3月30日(日)に開催されました。今回はなんと過去最高の65名の申し込み! 選ばれし20名で「鳥取で今話題のご当地グルメ」を4軒食べ歩いたのでありました。(抽選に漏れた方、まことにすみません)

スタートは鳥取市役所前、それにはワケがありました。1軒目は鳥取で今話題の「鳥取カレーちゃんぽん」なのですが、その店舗が「鳥取市市役所前」なのです。鳥取カレーちゃんぽんとは、13年7月にデビューした「中華麺の上にカレーあんかけ」の鳥取の新たなご当地麺。実は鳥取でちゃんぽんといえば「あんかけ」なのです。

さて、一行が訪れたのは『本家夢屋西町店』。タンメンを思わせるマイルドスープをベースに独自のスパイスをブレンドした“カレーあん”にたっぷりの野菜に鳥取の白ネギがのる、ボリューミィな一杯をいただきます! 食べ歩きゆえハーフをお願いしておりましたが、これはななかの量(店長曰く「ハーフですよ」)。しかしながらカレーあんを麺と絡めると食欲倍増で、全員完食でありました!
●本家夢屋西町店TEL0857-21-1737
ゆめや1 ゆめや2


続いて2軒目も、話題の味。いただくのは「ジビエ」です。ジビエとは鹿や猪などの狩猟肉のこと。現在鳥取県東部ではジビエで地域ブランドを創ろうと「いなばのジビエ推進協議会」も発足し活動中です。向かった『月や 栄町店』もその協議会加盟店。日本料理の名門・なだ万にて修行した店長がジビエを食べていただきたいとの思いで創作した「因州しし肉まんじゅう」をいただきます! 
まんじゅうの記事は白玉とジャガイモ、実にもちもちの食感ののち、中にじっくり7時間ほど煮込んだしし肉のほぐし身が入っています。味付けは基本“塩”ということですが、これが芳醇。上品に出汁も効いたあんかけとも実に好相性でした。
●月や 栄町店TEL0857-22-4401
つきや1 つきや2


カレーちゃんぽん、ジビエと新作をいただき、続いては3軒目へ。目指すは和の逸品、丼です。やってきたのは鳥取駅前・サンロード商店街の中にある300種類のメニューがある『鳥取だいぜん』。元気たっぷりで創作心にあふれた店主がズラっと持ってきてくれたのは「因幡の塩鯖丼」です。
塩鯖とは鳥取県東部地方で100年近く作られている塩干物、中でも酒ノ津(さけのつ)は名産地で、そのみの厚さとジューシーさは他の塩鯖と一線を画す名品の呼び声高い品です。その塩鯖を使い、今鳥取市内の10軒で「因幡の塩鯖丼」を提供中なのです。
中でもこちらのだいせんの塩鯖丼は、その豪快でも定評のある逸品です。もちろん塩鯖は酒ノ津仕立て。焼きたての塩鯖に特製ダシとレモンを絞ってご飯とガッツリ、いただきます! しかもこのご飯、砂丘らっきょうと塩昆布などを混ぜ込んだ特製らっきょうめし。清涼感もあって、3軒目もみなさん、しっかりと完食です。
●鳥取だいぜんTEL0857-27-6574
だいぜん1 だいぜん2


さて、ツアーもラスト。最後は県外客も足繁く通う絶品焼きそばと“ご対麺”のため、鳥取駅前市場隣にある『ブレイクキッチン』へ。店名のブレイクとは「コーヒーブレイク」のブレイク、お客様の休息の場となればと付けられたそうです。
その名のとおり、女性店主といろんな話をしながら、ゆったり過ごせるアットホームな雰囲気の店舗。さぁ、ここでいただくのは、新生なる焼きそば「牛すじ塩焼きそば」です。実はこの逸品、最初は自宅でこどもたちに出していた味が原点とか。それが今や“看板メニュー”です。柔らかくも歯ごたえもある牛すじは旨みもたっぷりで、「牛すじにはコレがいちばん合う」と専用の塩ダレと、確かに相性抜群! 4軒目ですが、出された瞬間みなさん食べだすと、あっという間に完食でした。美味しさの証ですね。
ちなみに牛すじを使ったカレーも人気とか。このほか特製ソースのホルモン焼きそばなど、自家製のソースやタレにこだわった味が充実、しかもワンコインあれば食べられるなどリーズナブル。ちょっと長めのブレイクもオススメですよ。
●ブレイクキッチンTEL080-2910-4541
ブレイク1 ブレイク2


20名の参加者中、今回は13名が女性と前回に続き“華麗なる食べ歩き”となった4回目でした。お土産は鳥取市の洋菓子店『カイザーケルン』のとうふちくわのバターケーキ。しっとり&フワっとした食感がまた美味なる逸品でした。

食べ歩きツアー、次回は6月頃の開催を予定しています。またこちらのサイト「鳥取食録」にて情報をアップしたいと思います(5月10日頃を予定)。ご参加希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。よろちくわ!です。(鳥取とうふちくわ総研・所長 植田英樹)
●お問い合わせ=鳥取とうふちくわ総研
(℡0857-25-5507/comp-m@xb3.so-net.ne.jp)
※ツアー費用は1000~1500円を予定(食事代、保険代、お土産代を含む)です。
| ueta | 17:06 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ