鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!


「鳥取まちぶら ご当地グルメ食べ歩きツアー」レポート(2回目)
みなさん、こんにちくわ! HP「鳥取食探」に寄稿させていただきます、鳥取を食で自慢する市民グループ「鳥取とうふちくわ総研(とー総研)」の所長をしております植田英樹(ウエタヒデキ)です。

さて、13年11月に紹介した、鳥取のご当地グルメ&話題の味を食べ歩く「鳥取まちぶら ご当地グルメ食べ歩きツアー」の第2弾が、去る12月8日(日)に開催されました。
今回のテーマは「鳥取発!スッピングルメ」。鳥取とうふちくわや素ラーメン、そして旬の素材を活かした創作を出す店舗5件食べ歩きました。そのツアーの“素顔”をお見せしましょう。

スタートは1回目と同じく午前11時、鳥取市中心部にある観光物産拠点施設「まちパルとっとり」です。1軒目は末広温泉通りにある『居酒屋 ぐらっちぇ』にて、鳥取とうふちくわを使った料理「もさ海老のあっとろしゅうまい」をいただきますッ! 
鳥取とうふちくわといえば、豆腐7:すり身3の割合で作られる江戸時代から愛される続ける鳥取のソウルフード。
そのちくわの穴にブランド長芋“ねばりっこ”を入れ、旬の味モサエビをのせてギョウザの皮でくるんで素揚げした逸品です。
ふっくらとした鳥取とうふちくわならではの食感とモサエビの甘さに「これはクセになりそう」との声も出たほど。鳥取とうふちくわの新たな楽しみをは知ったのでした。
●居酒屋 ぐらっちぇTEL0857-29-5300

   

 続いて2軒目、こちらも鳥取とうふちくわ料理。弥生町にある『居酒屋ふじまる』にて「とうふちくわの揚げ出し」をいただきますッ! 
揚げ出しといえば豆腐、豆腐があうなら(豆腐7割の)「鳥取とうふちくわ」もいけるはず、という発想から生まれた一品です。
目の前で揚げたアツアツの鳥取とうふちくわ天ぷらを特製出汁でいただきますッ。
食べ歩き用のハーフサイズですが、それでもちくわ1/2本分というボリューム感。
鳥取とうふちくわ天ぷらのフワフワ感と、元々“豆腐”ゆえに出汁の風味もしっかり味わったのでありました。(「ふじまる」は12月30日で閉店となります)



3軒目は「ふじまる」から徒歩で3分の『たき乃蔵』。いただくのは甘エビより甘いと称される“モサエビ”。それも「ピザ」でいただきますッ! 
実はこの「モサピザ」、ピザソースには「モサエビのミソ」を使いコクもしっかり出しています。香ばしいピザ生地の上にのった焼きたてのモサエビは、とにかく甘さ満点! 
女子からの人気も高いのもうなずけます。この日は食べ歩きゆえ控えましたが(笑)、ワインと合わすのもオススメですよ。
●たき乃蔵TEL0857-36-0610

   

さぁ、いよいよ4件目。実は今回の食べ歩きは全て徒歩での移動。
弥生町から袋川土手を経てかつての城下町のメイン通り・智頭(ちず)街道から、「とうふちくわ屋さん」が集う元魚町へ。伺ったのは老舗の『かろや商店』。
かろやのとうふちくわは豆腐の味がしっかりする、まさに「とうふのちくわ」。そんな中、今回出していただいたのは「とうふちくわ用の豆腐」。
しっかり水切りをした固めの豆腐を「湯豆腐」でいただきますッ! 「味が濃い」「本当に豆腐だ」と、大豆の風味とほのかな甘さに参加者の中には何度も“おかわり”する人も出現。実はこの「とうふ」は工場直売のみの品ですが、お試の価値大ですよ。
ちなみにご好意により、特別に工場内で食べさせていただきました。さらに「利きとうふちくわ」も実施。
かろや、ちむら、まえた、村上、浜下の5メーカーを食べ比べると参加者からこんな声も聞こえました。「とうふちくわでこんなに味が違うとは思いませんでした。いろいろ試してみます」。
そう、日常の中にこそ“驚き”があるものなのですねぇ。
●かろや商店TEL0857-22-3914

      

さぁ、「スッピン食べ歩き」もいよいよラスト5件目。のれんをくぐったのは「素らーめん」の発祥店『武蔵屋食堂』です。
素ラーメンとは、中華麺と和風出汁にモヤシ、ネギ、カマボコ、天かすを入れた50年以上愛され続ける鳥取のご当地麺。まさにスッキリ系の麺料理をいただきますッ! 
甘めの和風出汁が中華麺と出会うと、麺の香りが立ち、天かすがコクを加えて、気がつけば(5件目なのに)完食! 
途中でコショウをいれると、出汁の味ちょっと醤油ラーメン風になり、また麺が美味しくいただけるのも楽しみのひとつ。
清潔感がありながらも、しっかり昭和の雰囲気を出している店内で、もうひとつの名物「牛カツ丼」(ケチャップあんかけ)も味わってみるのもオススメです。
●武蔵屋食堂TEL0857-22-3397

      

当日キャンセルがあったものの、18名が「鳥取発食欲の秋」を堪能した今回の食べ歩きツアー。
今回の1回目同様、各店舗では食事券が当たるご当地グルメクイズに、最後は「しょうがせんべい」のお土産もお付けしました。そしてまたありがたいことに「また参加したい」という声も多くあがりました



この食べ歩きツアー、次回は1月26日(日)「鳥取のカレー大研究」をテーマに老舗から鍋、創作、さらに話題のカレー麺まで5件ほど食べ歩きます。ご参加希望の方はどうぞお気軽にお問い合わせください。よろちくわ!です。(鳥取とうふちくわ総研・所長 植田英樹)
●お問い合わせ=鳥取とうふちくわ総研
(℡0857-25-5507/comp-m@xb3.so-net.ne.jp)
※ツアー費用は1000円(食事代、保険代、お土産代を含む)です。
※1月26日(日)開催「鳥取のカレー大研究」

| ueta | 09:16 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ