鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!


リニューアルオープン!駅中で便利「砂丘そば」
屋号:砂丘そば(さきゅうそば)
カテゴリー:麺>うどん、そば
住所:鳥取市東品冶111-1
アクセス:鳥取駅中北側、案内所となり/JR鳥取駅 徒歩0分
電話: 080-2924-2798
営業時間:6:30〜19:00
定休日:無休
席数:カウンター×15席
鳥取らしさ>地産地消メニュー
品名
砂丘そば ¥360
(コメント)蕎麦の上にアゴちくわとねぎをのせた蕎麦

品名
月見そば・うどん ¥410
きつねうどん ¥450
たぬきそば ¥450
定食そば・うどん ¥570
天ぷらそば・うどん ¥550
肉そば・うどん ¥500
さば寿司(3切) ¥200
あご寿司(2切) ¥250
ちらし寿司 ¥210
ざるそば(夏季限定) ¥540
ざるうどん(夏季限定) ¥440
いなり寿司 ¥130

おすすめメニュー
品名
砂丘そば ¥360
(コメント)こんぶだしの風味豊かなつゆにそばとねぎ、あごちくわが入っている。あごちくわからも良いダシが出ている。

予算
400円〜700円

取材後記
・2012年10月にリニューアルオープン。
・広くキレイになった店内は今までのカウンターのみからテーブル席もでき、お客さんはほとんどが地元の常連だったのが、駅を利用する県外の人などの一見さんも増えたそうです。
・お昼時などは今まで以上に忙しくなり、従業員を増やして対応しているんだとか。
・取材中も女性が来店しており、女性でも入りやすい店構えになったように感じます。

・昭和18年10月(鳥取地震の一ヵ月後)から弁当、新聞、ビールなどのお酒を駅で売っていたが、戦後昭和2、30年代頃に駅で砂丘そばを売り出した。
・日高昆布、四国の削り節、鳥取の特注しょうゆを使用したダシのとり方は、昔と同じ方法。
・ダシの香りを味わってもらいたいのでアルコールなどの飲み物類は取り扱っていない。
・50年ほど前から営業しているので、お客は地元の人がほとんど。
・そばの上にのっているあごちくわにダシをかけて食べると風味が増して美味しい。

【まちぶら食通信掲載】
砂丘そば 360円
日高昆布・高知のカツオブシ・地元醤油・名物あごちくわ、という4つの素材が香り高く風味豊かな出汁を作り上げる一杯。
50年以上の間変わらない味を守り続けています。
シンプルなので、朝でも昼でも、何と合わせても美味しくいただけそう。
リニューアルに伴ってカツ丼、玉子丼といった丼物が新しくメニューに加わり、ソバとのセットが人気急上昇中。「砂丘そば+ミニカツ丼」(680円)など。
炊き込みご飯付きの定食はしっかり食べたい人向け、ちょっと物足りな人はおにぎりやさば寿司などを合わせたりも。
天ぷら、かき揚げは基本的に揚げたてを提供するように、といったちょっとした心遣いが嬉しい。



--------------------------------------------------------------------------
[AD]こしひかり(化学合成肥料不使用・有機質肥料米)
--------------------------------------------------------------------------
[AD]国産の貴重な金ごまを使った製品を昔ながらの製法で
| yamasaki | 16:12 | comments (x) | trackback (x) | 鳥取県東部::鳥取市 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ