鳥取県の食情報を発信!「鳥取食録」鳥取の楽しみは食にあり!

COMMENTS

第1回 T-1スクール開校しました!!
8月4日(土)さざんか会館・13名(3チーム)にて「第1回T-1スクール」を開校しました!!

T-1スクールとは、地域の食文化に対する理解を深めるため、鳥取県内のご当地グルメを題材にし、学び実際に作る体験型スクールのことです。

第1回目の題材は昭和の頃食べられていた「鳥取ちくわカレー」です。






続き▽
| matsuura | 18:21 | comments (x) | trackback (x) | イベント情報 |
戦国時代から続くごちそうおこわで地域を元気に!『奥大山・江府町グルメ振興会』
6月9日・10日の「2012近畿・中国・四国B-1グランプリ in TOTTORI」では、地元、鳥取県のグルメが集う「ご当地グルメフェスタ」も同時開催。
食べ慣れた味から意外な発見まで、多彩なご当地グルメ団体をご紹介していきます!

鳥取県西部の日野郡江府町にて、戦国時代に当時江府町にあった城主の妻が京都から伝えたといわれる郷土料理、大山おこわ。
ご当地グルメフェスタでは、江府町周辺地域を表す地名をつけ「奥大山おこわ」として登場。
商工会と行政、事業者が連携して「ニッポンいいもの再発見事業」に取り組み、「奥大山ブランド」の整備構築、観光資源開発で地域経済の発展を目指す団体「奥大山・江府町グルメ振興会」が、日野郡江府町産にこだわり、昔ながらの製法で蒸し上げます。
続き▽
| matsuura | 16:55 | comments (x) | trackback (x) | イベント情報 |
幟旗設置しました。

本日、実行委員により、日交本通り前から市役所第二庁舎前まで「2012 B-1グランプリin TOTTORI」幟旗設置致しました。一人でも多くの方に周知し、当日来場して頂きたいと思いを込めて、1本ずつ立てて行きました。

続き▽
| matsuura | 14:16 | comments (x) | trackback (x) | イベント情報 |
海と山の育てた郷土食を伝える『大山町食生活改善推進員協議会』
6月9日・10日の「2012近畿・中国・四国B-1グランプリ in TOTTORI」では、地元、鳥取県のグルメが集う「ご当地グルメフェスタ」も同時開催。
食べ慣れた味から意外な発見まで、多彩なご当地グルメ団体をご紹介していきます!

大山町といえば、名前のイメージから山の幸ばかりのように思われがちですが、実はその大山から栄養豊富な水の流れこむ、県内有数の漁港「御来屋港」を有し、美味しい魚介類の宝庫でもあります。

そんな土地柄から、昔から人々は素潜りでサザエを取って食べており、今ではその文化が伝承料理の「さざえ飯」として残っています。
その「さざえ飯」を作り次の世代に伝えているのが、『大山町食生活改善推進員協議会』。
合併した旧大山町、名和町、中山町の三町にて、街主体の推進員養成講座を1年間受講した者が加入しているという、食の推進にかけてのエキスパートたちによる団体です。
続き▽
| matsuura | 17:42 | comments (x) | trackback (x) | イベント情報 |
鳥取市をどうぞ“よろちくわ”!『鳥取とうふちくわ総研』
いよいよあと一ヶ月に迫った、6月9日・10日開催の「2012近畿・中国・四国B-1グランプリ in TOTTORI」の出展団体を紹介します。
しっかり予習してご当地グルメの祭典に臨みましょう!

真っ白なスベスベお肌に、ふんわりプリプリの食感で、江戸時代より長く鳥取市民に愛され続ける「とうふちくわ」。
全国でも珍しい、この練り物でまちおこしに取り組んでいる団体、鳥取とうふちくわ総研、略して「とー総研」は八戸で行われた第1回B-1グランプリから出展しています。
とうふちくわで地元鳥取のマチナカを盛り上げることを目標に日々活動を行っており、現在ではとうふちくわが食べられるお店もマチナカに30店舗と着々と増加中。のみならず、昨年はとうふちくわの“スイーツ”まで登場! まさにブレイク寸前のご当地グルメです。

今回の鳥取大会では、開催地鳥取の団体としての出展。
シンプルゆえに変幻自在のとうふちくわの美味しさを「とうふちくわ膳」にてご紹介します。
毎回恒例の“奏でるとうふちくわ”こと「とうふるーと」の演奏も必聴です!
続き▽
| matsuura | 16:30 | comments (x) | trackback (x) | イベント情報 |

このページの先頭へ
OTHERS
運営者
このページの先頭へ